月別アーカイブ: 2015年6月

聖書

私は21歳の時に初めてキリスト教を買いに行きました その当時大学3年生でしたが 新どおやっていて 自分はどうやって生きていくんだろうかと まよって言って 全然考えがまとまらなかったので 誰かに相談したかったのです 親に相談したら お前の好きにしていいよ と言われ それはありがたかったのですが 何もしたいことがない 特に仕事をしたいわけでもない それでも仕事をしなければならない 性格 大学まで行かせてもらったのに 何か仕事につかなければならないのは 当たり前のことだったので とても悩んでいました それで行ったのです 神様を信じる気持ちは ありませんでした 最初は聖書の方が全然わからなくて 一体何を書いてるんだと思っていて 本当に分かりませんでした でも だんだん読んでいるうちに なんとなく分かっていて それと同時に 牧師館がとてもやさしかったので これは とても暖かいなと思いなんとなく信じようかなと思いました そこまではよかったのです その次の教会が本当にダメでした
とうきのしずく

変わらない問題

三つ子の魂百までも という私は悲しい家庭に育った 傷だらけの家庭に育った 憎しみが渦巻く家庭に育った その結果 私は精神疾患となった 私の精神疾患は重い 表面上の症状は直ってきている 不眠症は直ってきて 薬は二粒で住むようになった これは本当にありがたいことだ 不眠症は本当に恐ろしい躁鬱病であるが そう状態のときに 仕事をバリバリして 家事もバリバリしておく そして うつ状態の時は 最低限の数だけこなす このサイクルがこのパターンが 寝ずいた 多重人格であるな 私の状態が良くない時に交代人格が出てくる そして私の代わりをしてくれる 最近まずいことが起こった 私の悪い人格が出てきて 私が知らないあいだに 悪いことをする 本当に悩んでいる 最後に境界性人格障害 これはだいぶってきた 自殺願望が消えない ひと振り回すことも少しすくなくなった
しかし根っこは何も変わっていない その証拠に、妻にたいしてずっと繰り返したきたDVがある
肥後すっぽんもろみ 楽天

勇気

勇気というものが何であるか 私は嫁という人 を通して知った私の場合は 私の性格 私の病気と私の生い立ち 三つ巴となって 嫁の姉が言った事長 トラブルメーカーである 常に死にたいと思ったり 小さいお金に追い詰められて 借金を苦にして自殺未遂をしたり 浪費癖が出て 90万円もの借金をしたり キャッシングにも手を出して120万円ものねだり そんな私に常に大丈夫だよ と 言ってくれていた その時の私は 何が大丈夫なんだ 大丈夫なことなどない お前に何がわかるんだ 私を助けてくれない お前は無力だ ずっと思っていた 本当の勇者とは そういった人物に対してそれでも私はあなたを愛していると言い続ける人のことである 逆の立場だったら 私は道でたかわからない 助けてくれというひとに私はそばにいるというのは簡単だ 助けを受け入れられる そういった心根が 大きい人には そばにいるよという言葉は有効である 本当にありがたいものである しかし 私の場合は あまりにも私が絶望の淵にいたので 私の命を私が感じていたので 言葉は空気に響いていた しかし 今はその言葉こそは 私は ずっと続けてきたのだと思う 本当に必要なのは 思った言葉の 大丈夫だと言った響である
消費者金融 郵便物

エアコン

新しい電子レンジ 新しい洗濯機 立共レオパレスからの支給品である レオパレスは とても使いづらいな 1つ いいことがある それは製品が壊れた場合 新しいものと交換してくれることである エアコンを取り替えたい エアコンを3時間ごとにストップするのはやめてもらいたい 新しいエアコンがほしい エアコンといえば どんなに暑くても7万円である 私たちのところにくるのはそれよりも安い5 6万のものであろう それでも十分だ フィルターの埃がとんでもなかった 除湿の温度が冷えすぎたら そんな声 エアコン 早くしてもらいたい 希望する 話は変わるな プールに通いたい 泳ぎたい 水着は私の分しかない 延岡わなければならない 嫁のサイズは一体何者なんだろう もしかしたら従えるかもしれない そんなわけねーだろばーか はじらいのある嫁 そういったことのある
今日は久しぶりに友達とスカイプができてよかった 最近の俺は対人恐怖がちょっと出てきたので、スカイプで話すだけでも大進歩なのだ

借金 東京

うつ病

夕ご飯が終わりました 夕ご飯もフルーツグラノーラでした あきあきしているけれども うつ病にはとても良いです うつ病患者は ご飯の支度をしたがりません 我が家の場合 主婦は わたしです 私もうつ病になります 躁鬱病なのですが うつ状態の わたしです 天候が左右していると思われます ところで こないだそごうで見た おもちゃ かなり面白い 今でも欲しいです 定価 2100円 チップを組み立てて行くのですが 4通りに組み立てられます ほかのものを買うと バイクを作ることもできます 今嫁 友達と話をしています 友達です 友達の巨乳は今日も元気です 友達は博多に住んでいます
うつ病なのにこうやって仕事をしているそして嫁に何かいいものをあげたいと思っている
できれば本当にいいものを たとえばビルケンのサンダルとかねそういうものを買ってあげたいな
嫁には苦労もさせられているし、苦労もしている。
なぜ嫁なんだろうか

お金の心配

私のためにシートを用意してくれた方に申し訳がない 今のままではシートをめられない せっかく仕事を用意してくれたのに 自分でもこのまま終わるのはとても悔しいあと 仕事が終わるまで7時間ある 今日夜12時まで 7時間歩く 7時間あれば 人を見られることができるかもしれない 食事も取ったし お風呂にはいればいい 嫁も手伝ってくれている 嫁の文書は結構面白い 問題は短すぎるということだ その場合は 2つの文章 くっつけて1つにしてしまえばいい 嫁も俺も頑張っている 頑張りすぎるのがダメで あるけれども こういうときには 自分のやりたいようにやるがいい ただなんとなく それはオレの一番苦手なスタイルである 何かやることがあって それのために動く まゆなればそうである 貧乏症はかなりそんばかりしている それでも貧乏症をやめられない 貧乏症というものである
お金には本当に困らせられている 毎日お金の心配をしている
交通量調査 バイト