金融庁で判断

ということは「重大な違反」になるのかならないのかは、金融庁で判断する。大部分のケースでは、わずかな違反がたくさんあり、その影響で、「重大な違反」認定するということ。

実は我が国の金融市場等での競争力を強化する為に行われる規制緩和だけではなく、金融システムの更なる質的向上の実現を目指す試みを実践する等、市場と規制環境の整備がすでに進められているのであります。

いわゆる外貨MMFとは、国内でも売買可能な外貨建て商品である。外貨預金と内容を比べると利回りがよく、為替変動によって発生した利益が非課税として取り扱われるメリットがある。興味があれば証券会社で購入しよう。

知っておきたいタンス預金。物価が上昇中の(インフレ中の)局面では、上昇した分現金はお金としての価値が下がる。だからすぐには生活に必要なとしていないお金⇒安全で金利が付く商品で管理した方がよい。

きちんと知っておきたい用語。外貨MMFって何?日本国内でも売買が許されている外貨建て商品のひとつのことである。一般的に外貨預金よりも利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動によって発生した利益が非課税なんていう魅力がある。証券会社で購入する。