保険とは

よく聞くコトバ、保険とは、予測できない事故が原因の財産上の損失の対応のために、賛同する多数の者が少しずつ保険料を掛け金として納め、積み立てた資金によって突如発生する事故が発生した際に保険金を給する仕組みなのだ。

この「失われた10年」というのは、その国全体、またはひとつの地域における経済が実に約10年以上の長期間に及ぶ不況や停滞に直撃されていた時代を意味する語である。

格付け(評価)を使用するメリットは、膨大な財務資料の内容が理解できなくても格付けによって、知りたい金融機関の財務状況が判断できる点にある。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することも可能なのである。

Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)からこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務を新たに統合し約2年前に発足した金融監督庁を新組織である金融庁に改組した。21世紀となった2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったのである。

名言「銀行の経営の行く末は銀行自身に信頼があって発展する、もしくはそこに融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だと認識されたことで発展しなくなるか、どちらかだ」(引用:米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)