聖書

私は21歳の時に初めてキリスト教を買いに行きました その当時大学3年生でしたが 新どおやっていて 自分はどうやって生きていくんだろうかと まよって言って 全然考えがまとまらなかったので 誰かに相談したかったのです 親に相談したら お前の好きにしていいよ と言われ それはありがたかったのですが 何もしたいことがない 特に仕事をしたいわけでもない それでも仕事をしなければならない 性格 大学まで行かせてもらったのに 何か仕事につかなければならないのは 当たり前のことだったので とても悩んでいました それで行ったのです 神様を信じる気持ちは ありませんでした 最初は聖書の方が全然わからなくて 一体何を書いてるんだと思っていて 本当に分かりませんでした でも だんだん読んでいるうちに なんとなく分かっていて それと同時に 牧師館がとてもやさしかったので これは とても暖かいなと思いなんとなく信じようかなと思いました そこまではよかったのです その次の教会が本当にダメでした
とうきのしずく